リバートップとは 施工について メッセージ頂きました 特集 おすすめ商品 イベント情報
ホーム > バーベキュー特集 道具を揃えよう
おすすめアイテム
■ デッキ
木のぬくもりと多彩な表情を持つ「ファインステージ供廚、窓の外に、もう一つのくつろぎをご用意します。
■ タイル・張り石
一つずつ手で割って作られたキューブストーンなど、個性豊富な石を揃えました。
■ カーポート
カースペースや収納スペースとしても多目的に利用できる「M.シェード」など多彩なカーポートをご用意。
■ テラス
敷地や住まい、ライフスタイルへ、フレキシブルに対応できますので、 お好みの生活空間が創造できます。

お役立ち情報が満載!treasureブログ

バーベキュー特集 道具を揃えよう

道具を揃えよう

バーベキューコンロ・バーベキューグリル


網や鉄板を乗せて食材を調理する道具ですが、形や大きさがさまざまあります。脚のついたスタンド式のものは立ちながら調理が出来ますが、脚をはずしてテーブルに置いて使えるものもあります。人数が4人くらいまでなら卓上でA4サイズくらいで十分ですが、大人数の場合、脚付きコンロで立食が良いと思います。 慣れてきて、もう少し幅広い用途があるといいなと感じたら、焚き火台もオススメ。網、鉄板はもちろん、ダッチオーブンもできるので楽しみの幅が広がります。蓋付きグリルは、火が通りやすいのと、スモークができます。



火おこしセット


炭、うちわ、軍手(皮のグローブだと安心)、柄の長いライター、うちわ、炭バサミ、新聞紙、最低限こんな感じで良いと思いますが、もっと簡単に点けたい場合は、バーナーや着火剤、さらに究極が火おこし器、ファイヤー(チムニー)スターターなどと呼ばれるものです。あと、やはり火を扱うので、水をはったバケツを近くに置いておくと安心かと。。。詳しいことは、『炭火をおこそう!』で。。。



クーラーボックス


食材の運搬・保冷に使います。ハードタイプのものとソフトタイプのものがあり、ハードタイプのものの方が保冷力が良いので、こちらをメインとして大きめのものにし、ソフトタイプを普段のお買い物にも使えるぐらいのサイズを揃えておくと便利でしょう。ペットボトルに水を入れて凍らせておけば、保冷剤代わりになります。



テーブル・チェアー


焼く前の食材を置いたり、出来上がったものを乗せておくためなど、みんなで食べるにはやはり、テーブルやイスが必要です。テーブルとイスがセットになっているもの、コンパクトなもの、用途や人数に合わせて、選びましょう。



食器・調味料・調理道具


調理道具は、家で材料をカットしたり、下味をつけていけば必要ないかもしれません。調味料は、塩コショウ、しょうゆ、焼肉のたれなどお好みで持っていけばよいでしょう。オリジナルのたれを作って空き容器に入れて持っていくのもちょっとした話題になります。食器類は、人数が多くて洗うのが大変な時は、紙皿や紙コップ、エコを考えてゴミを減らしたい時は、割れにくいステンレスやメラミン製のものという具合に、その時の状況で変えても良いと思います。



あると便利なもの


これがあると、バーベキューが格段とスマートにできる便利グッズをご紹介します。荷物が増えてしまいますが、安心感も増します。。。 家にあるものや100円ショップなどで間に合うもので十分だと思いますので、ご参考にしてみて下さい。まだまだ、あると思いますが、 回を重ねるごとに自分流の必要なものが見えてくると思います。 ウェットティッシュ・・・除菌効果のあるものの方がいいとおもいますが、ノンアルコールタイプのものだとお子様でも安心です。 水鉄砲・スポイドボトル・・・炭から炎が出た時や火力が強い時にシュッとして調節します。 救急セット・・・ちょっとした怪我に対応出来ます。特に、虫さされや虫除けなども入れておくといいでしょう。 タープ・敷物・・・日差しが強い時、雨が降ってきた時の味方です。敷物は、荷物を置いたり、疲れたら寝転んだり。。。 ウォータータンク・・・ちょっと手をすすぎたい時など、下に水受けのバケツなど置いておくと水浸しになりません。 ビニール袋・・・大小あると、使いやすいです。汚したくないものを入れておくのにも便利です。ただし、間違えて捨ててしまわないように。 アルミホイル・ラップ・・・風が強い時など、ほこりや灰から食材を守ったり、ホイル焼きに使います。 たわし・スポンジ・・・鉄板や網を洗います。 炭スコップ・・・灰の処理が楽になります。必ず、冷めてから作業をしましょう。 バケツ・・・食器を家で洗いたい時に、汚れた食器をそのままいれて持って帰れます。 虫除け・・・置いておくキャンドルタイプや、体に直接塗るもの、リングタイプで腕や脚に付けたり、シールタイプで服に張ったり、        種類が豊富です。子供にはシールタイプ、水遊びの時はリングタイプなど、使い分けると便利です。 ダッチオーブン・・・鶏が丸ごと入るぐらいの大きさで、丸ごとローストチキンをつくれば、盛り上がること間違いなし!



まずは、道具をそろえよう!バーベキューコンロ、クーラーボックス、バーナー、炭。。。 最低限、揃えたいもの、あると便利なもの

アウトドア料理の代表、初心者さんでも安心して作れる本格派、季節の野菜絶品カレーをご紹介!



リバートップ お電話でのお問合わせ0120-713-117 ご相談・お問合せはこちら